カワセ印刷 営業案内 カワセのこだわり

sitemapCONTACT
ホーム » 営業案内 » カワセのこだわり

営業案内 -カワセのこだわり-

Service「信頼=お客様のお役に立つこと」

「今の行動はお客様からありがとうと言われるか?」
社内では毎日、こんな会話を耳にします。
私たちは常にお客様の立場に立って考え、ご満足いただける仕事をします。
「お客様が面倒で複雑だと感じる仕事」「同業他社が嫌がる仕事」を積極的にお引き受けすることで、これまでのカワセの歴史を築いてきました。
これからも「Noと言わないサービス」を心掛け、お客様のお役に立ちたいと考えています。

Creative「信頼=理解力」

カワセにはお客様の「となり」で一緒に創ろう!という合言葉があります。
お客様と同じ目線で、決して妥協することなく、最後まで。
お客様のいないところではお客様の代わりに。
私たちは常にお客様と一緒にモノづくりをします。
もうひとつ、私たちがモノづくりで最も大切にしているのは「理解力」。
お客様の伝えたいことやイメージ、使用目的や使用方法などを正確に理解することを心掛けています。また、その情報を受取る側がどのように理解するかを考えます。
この両面から最も効果的な訴求ポイントや手法を見つけ、わかりやすい形に表現します。

Printing「信頼=製造品質」

当社の荒川工場は24時間体制で稼動しています。
また超軽量紙の印刷から製本、出荷までを同一工場内で、一貫生産しています。超軽量紙のような薄い紙に印刷するためには、精度の高い技術、印刷環境の保持が必要です。つまりそれは、普通紙の印刷をより高いレベルで実現できることを実証しています。

■品質管理システム
私たちは、独自に開発した「標準作業チェックシステム」により、ミスのない正確な印刷物を製造するための品質管理運動を推進しています。またこのシステムにより、各印刷物の作業履歴をいつでも確認できるようになっています。

■数値管理システム
荒川工場ではドイツ・ハイデルベルグ社の最新4色印刷機に加え、「CPC24 イメージコントロール」を導入、カラーマネジメントによるハイレベルな品質管理を徹底しています。
さらに企業のコーポレートカラーやブランドカラー等の特色も、インキ調色機の導入により、正確な色再現を可能にしています。

■環境管理システム
荒川工場では常時、大豆インキやグリーン購入法基準に適合したインキを使用しています。
また残紙・ヤレ紙等の処理についても、隣接する古紙工場と提携して再生処理を行ないリサイクルを行なっています。

Security「信頼=個人情報保護」

印刷物を作成する過程で、私たちは未発表の情報を取り扱います。
カワセ印刷では品質管理や納期厳守とともに、機密情報保持もお客様への約束と考えています。特に個人情報については、想定できる情報漏洩事件や事故を未然に防止し、情報セキュリティに関する安全と安心をご提供することを目的に、プライバシーマーク認証を取得しております。

訴求エリア